医療法人社団 数佐整形外科医院

医療法人社団 数佐整形外科医院|広島県東広島市の整形外科・リハビリテーション科

〒739-0142
広島県東広島市八本松東7-8-15
TEL:082-428-8321
24時間ネット受付
【診療カレンダー】
トップページ»  首・肩の痛み

首・肩の痛み

頸椎症

体の中心には背骨=「脊椎(せきつい)」がありますが、そのうち首の部分の背骨を「頸椎(けいつい)」といいます。
骨のつなぎ目には椎間板(ついかんばん)がありますが、椎間板が年令とともに傷んで頸椎が変形した状態を「頸椎症(けいついしょう)」といいます。頸椎(けいつい)の中には脊髄(せきずい)という神経が通っていますが、頸椎が変形すると神経が傷んで障害を起こします。

頚椎症

頸椎症性神経根症

神経のうち、肩や手に行く細い神経が傷んだ状態です。「肩こり」の多くはこれによるものです。首の付け根や肩甲骨が傷んだり、だるくなったりします。上を向くと痛みや痺れが悪化します。
「五十肩」との違いは、肩を動かしても痛くないことです。多くは軽症で自然に軽快することが多いのですが、繰り返し起こることも多々あります。
パソコンなどデスクワークのやりすぎも悪化させる一因です。
対策としては、ストレッチングを含めた適度な運動を行うことがお勧めです。
首をぐるぐる回すことはよくありません。肩や腕の筋肉をゆっくりストレッチすることが有効です。

頚椎症性神経根症

頸椎椎間板ヘルニア

首には7個の椎体という骨と、その骨と骨とつなぐクッションのような柔らかい組織があります。この組織を椎間板と言いますが、周囲は繊維輪という比較的しっかりとした繊維性組織で包まれています。
椎間板が動くことで首が曲がったり回旋したりするのですが、この椎間板の繊維輪に亀裂が入ると椎間板内の奥にあるクッションで言うところの中の綿のようなもの(髄核と言います)が、外に出てきてしまいます。この髄核の外への脱出を椎間板ヘルニアと呼びます。

頚椎椎間板ヘルニア

五十肩

五十肩は、中高年(40~50歳)に多く、肩が痛み、腕が上がらなくなるなどの肩関節の障害が出る病気です。肩の痛みと運動に障害があって、特定の原因のないものを五十肩と呼んでいます。
肩関節周囲組織の炎症によるもので「肩関節周囲炎」ともいわれています。
原因は、肩周辺の筋肉や腱に年齢的な変化による摩擦や変性が生じることで、そこから痛みや炎症が始まります。さらに痛みが続き強くなると、肩関節が思うように動かせなくなります。痛みがもっとひどくなると、ますます肩関節が動かしにくい状態になり、こうした悪循環が炎症と病変部を広げて、関節内外に癒着(ゆちゃく)を起こしてしまうこともあります。

五十肩

肩腱板断裂

色々な方向に動かすことのできる肩関節は腱板という腱で覆われています。
腱板は加齢とともに少しずつ傷んでいくことが多く、中高年者が重いものを持ったり、転倒したりするなどして断裂することが多いと言われています。
若年者のスポーツによるものも見られます。
痛みの為自力で腕を上げられない、動かすと引っかかって痛みが出る、肩の力が入らない、などの症状が出ます。

肩腱板断裂