医療法人社団 数佐整形外科医院

医療法人社団 数佐整形外科医院|広島県東広島市の整形外科・リハビリテーション科

〒739-0142
広島県東広島市八本松東7-8-15
TEL:082-428-8321
24時間ネット受付
【診療カレンダー】
トップページ»  腰の痛み

腰の痛み

腰痛症

腰痛症とは腰に痛みを感じる症状の一般的な名称です。原因としは腰部に負担がかかる事による神経等の障害、また腫瘍の可能性もあります。腰痛は、さまざまな理由によって起こります。
腰痛を治すために大切なのは、まずは原因を探ることです。そして、それに合った適切な治療を行うことです。

腰痛症

坐骨神経痛

坐骨神経は、第4腰髄から第3仙髄より出た神経が集まって、腰から骨盤を経由してお尻へ、さらにももの後部を通って足へと向かう神経で、ひざから総腓骨(そうひこつ)神経と脛骨(けいこつ)神経に分かれます。
全身の中でいちばん長く皮フに近いところを通っており、寒冷、圧迫、外傷などの影響を受けやすいので、神経痛が起こりやすくなります。
坐骨神経痛の痛みはももの後部に沿って、ふくらはぎから足の裏にまで及びます。

坐骨神経痛

腰椎すべり症

脊椎の並びが前後方向へずれている状態をすべり症といいます。
特に椎間板や椎間関節の変性など加齢の変化によるものを変性すべり症といいます。この変性すべり症は中年以降の女性に好発し、第4番目と5番目の腰椎の間によく認められます。
これらすべり症の症状として、腰椎の不安定性に伴う腰痛と、すべりや不安定性に伴う靭帯の肥厚などにより腰部脊柱管狭窄症の症状があります。

腰椎すべり症

腰椎分離症

分離症は、疲労骨折が原因になっておこることがおおくなっています。この症状がおきやすいといわれている部分は、第5腰椎に多く見られる症状になっています。どこの部分にでもおきるわけではないということです。腰椎の後ろの椎弓とよばれる部分が過度の運動などが原因になってストレスがおきてしまいひび割れがおきていってしまい徐々に分離していってしまうということです。

腰椎分離症